FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レズビアン

(エピソード1)40代女性 会社役員の依頼 

この女性実業家はレズビアンで、別れた彼女が忘れられず、その後どうしているかを調べてほしいということでした。ここまではよくある身元・素行調査ですぐ結果がでました。現在、男性と結婚を前提に付き合っているという内容で、これを報告して本件終了と思ったのですが、その結果をふまえさらに追加の依頼があったのです。その追加の内容は、調査員の私の事が気に入ってしまったと言い、給与を日当で換算した3倍を払うから、求めた日に付き合って欲しいというものでした。会社はあなた次第でOKということでしたが、どちらかといえば売上げに貢献すべきという雰囲気になっていました。結局、8時間拘束で1日お付き合いすることになり、外で待ち合わせて食事をしてからその女性所有のマンションに行きました。あと4時間、事なきを得れば・・・と思いましたが、残り3時間位のところで状況が一転しました。「入浴をご一緒に」と誘われたのです。そのマンションはジャグジーのようなバスルームで5人くらいは入れるスペースがあります。ま、入るだけなら・・と渋々承諾し入浴すると、私の裸体を観察させて欲しいと乳首や下腹部を刺激してきたのです。私は大学の時に付き合っていた彼氏と別れて以来、3年以上も1人でこういった刺激に飢えていたのかもしれません。いざ愛撫されてしまうと拒否しながらも求めてしまう自分がいました。それに、元彼のとは比べ物にならないほどの仕方でした。ソフトタッチでゆっくりジワジワと・・・。あと、ただいじるだけじゃなくて、“どこをどうしているか”や、“どこがどうなっているか”を言葉でイヤラシく言うんです。もう頭が真っ白になってしまい、何度もイカされてしまいました。その後、ベッドルームに移ってから、私自身、見たことも使ったこともない“道具”で何度も何度も責め続けられました。すっかり時間のことを忘れ、会社からの着信にも気づかずに。私からの奉仕は求めません。ただ私を自分だけの所有物にしたいというのが希望のようです。それから月に1回、私はこの女性に恥体をささげる任務を8ヶ月続けました。

H体験告白。。主人の前でセックス 続4

そして、「ゆきはいつも子供のパンツはいているんですよ」と言いながら私の足を開かせました。

主人はびっくりした表情をしていました。

Aさんから普段もこの子ども用パンツを2日間ずつはくように言われ、守ってきました。

時にはホテルでのときのようにはいたままおしっこをしたり、そのまましばらくはいていることもありました。

(Aさんから電話やメールで言われたときだけで、自主的ではありません・・・)

だから、洗濯しても綺麗にはならない状態でした。もちろん主人にはばれないように気をつけていました。

「どうしてこんなに汚れているの?」と興奮した様子で主人が私に聞いてきました。

Aさんが、「ゆきは、いつもおしっこいっぱいつけたこんなパンツで会いに来るんですよ」と答えました。

「ゆきはこんなパンツが好きなんだよね」とAさんが私に問いかけてきました。

私は「はい」と答えていました。

主人に、私のこんな変態的な姿を見られるのは、とても恥ずかしく、つらかったのですが、感じてしまう部分もありました。

「このパンツは何日はいているの?」とさらに問いかけられました。

「3日間です」と答えました。主人が驚いたような反応を見せました。

Aさんの誘いかけに応えるように、主人は私に近づきパンツの匂いをかぎました。主人は自分の股間を触っているようでした。

Aさんは、主人にバスタオルと洗面器を持ってくるように言いました。

エッと思いました。取りに行っている間にAさんが私に次は何をするかわかっているよねと耳打ちしました。主人は不思議そうな感じで持ってきました。

Aさんは私に「他にもしたいことあるんだろう」と言いました。
私はなかなか言葉が出てきませんでした。

何度も問われ、「おしっこしたいです」と答えました。普通のおしっこ?とさらに問われ「おもらしです」と答えました。主人は驚いた顔をしていました。

そして、Aさんに言われるままに主人が洗面器を近づけパンツをはいたまましました。

Aさんは主人に「パンツの上から吸ってもらえますか?」と問いかけました。

主人は「はい」と答え、私のパンツを吸い出しました。主人は時々むせながら、無心に吸い付いていました。あそこを出して擦っていました。

どう見ても変態としか思えない夫婦の姿だったと思います。

その姿を、Aさんという第三者の前で見られながらしていることが、とても恥ずかしく、また普段感じられない興奮した気持ちになりました。

ベッドに移動した後のことを書きます。

Aさんは主人に「入れませんか」と声をかけ、主人はもう我慢できなかったようで、スキンをつけてすぐに入れ、あっという間にいってしまいました。

そのあと、私はAさんのをフェラして・・・
Aさんから、何と言うの?と声をかけられました。

※Aさんとの関係では、SEXやおま○○の言い方はすべて交尾、生殖器と言わされています。私自身、その方が感じてしまうので・・・

前で書いているとおり、生殖器を広げて「交尾したいです」
「ゆきの生殖器にペニスを入れてください」と言いました。

交尾の最中に、「子作りの交尾をしています」と何度も言わされました。

主人の方を見る余裕はなかったのですが、Aさんは主人に、「近くで見られませんか」と声をかけ、主人はすぐ近くに来て見ていました。

最後は「ゆきの生殖器にいっぱい精子入れてください」と言いながら(言わされながら)、Aさんは私の生殖器の中に出しました。

そのあとAさんは主人に枕を持ってこさせ、私のお尻を高くした状態のままで、しばらくの間つながったままでした。

終わってから、Aさんは主人に「ゆきの口で綺麗にしてもらうので、ご主人はゆきのま○こを綺麗に拭いてください」 と言いました。

これが2回目のことになります。

テーマ : エログ
ジャンル : アダルト

メニュー
乱交 スワッピングの月別アーカイブ
乱交 スワッピングの逆アクセス
乱交 スワッピングの情報
  • seo
乱交 スワッピングのRSS
乱交 スワッピングのQRコード
QRコード
乱交 スワッピングしたオッパイ
乱交 スワッピングしたオッパイ
COUNT THIS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。