FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乱交レポート

また1年の始まりが過ぎ、春の訪れを待つ時期となると思い出す

…サクラ満開のオメコが1つ、2つ、3つ…
そう、乱交パーティーだ。
頭数をちょうどそろえた、5対5の毎月の恒例イベント。
今では、常に参加している。


2・3年前だったろうか。大学の先輩Aに「ウチでホームパーティがあるから」
と実家へ招待され、手土産にシャンパンを持っていった。
先輩Aは2つ上のお姉さんと2人暮らし。両親は早くに他界するなど
いろいろ事情のある家庭のようだ。

       --------略-------

話が少し長くなりそうなので、途中のうんぬんは省略させていただき…

先輩Aと彼の知り合いの同級生3人、そして自分の5人と
遅れてきたどこで知り合ったかわからない女の人(みんな自分よりも年上で
30歳手前のようだが)5人がそろい
ホテルから届けられた、オードブル・サラダ・メインの肉料理・スープ・パスタ・デザートが
並ぶ部屋で、ちょっとリッチなホームパーティが始まった。

パーティーに慣れていない自分は浮き足立ちながらも何とかその場の雰囲気に
溶け込もうとしていた。常に先輩Aの主導の下
会話をしたり、ゲームをしたりしながら時が流れ…
…どれくらいの時間がたったろうか。「さてそろそろ…」という先輩の言葉で
周りの雰囲気が一気にかわる。
パートナーを見つけ、キスをしたり、服を脱がせたり…

イキナリの変化に戸惑いを隠せず、ボーっとしてると
先輩Aが女の人1人を連れてきて
「お前もやれ」と。
その女の人は、ためらいもなく自分に迫ってきて、そして。
するするっとズボンを脱がされ、クワえ始める。
状況把握が追いつかぬまま(なすがままとはこのことだろう。)
気づけば、クワえていた女の人をバックから先輩Aが挿入。
先輩Aといた女の人は、隣でオ○ニーをしている。
そんな自分も、彼女の胸をわしづかみにしていた。
「どうだ?楽しいだろ??」と聞いてくる先輩Aがやけに
かっこよく見えた。

…コレが、乱交か。

とても衝撃的で、ソレでいて日頃の欲望が一気に発散され
なんともいえないような、快楽だった。

それ以来、今まで以上に先輩Aとつるむようになった。
「乱交」が今や生活の一部となった自分。

以前よりも、明るく、そして自信が持てるようになった。
先輩ありがとう。そして、これからもよろしくお願いします。

レズビアン

(エピソード1)40代女性 会社役員の依頼 

この女性実業家はレズビアンで、別れた彼女が忘れられず、その後どうしているかを調べてほしいということでした。ここまではよくある身元・素行調査ですぐ結果がでました。現在、男性と結婚を前提に付き合っているという内容で、これを報告して本件終了と思ったのですが、その結果をふまえさらに追加の依頼があったのです。その追加の内容は、調査員の私の事が気に入ってしまったと言い、給与を日当で換算した3倍を払うから、求めた日に付き合って欲しいというものでした。会社はあなた次第でOKということでしたが、どちらかといえば売上げに貢献すべきという雰囲気になっていました。結局、8時間拘束で1日お付き合いすることになり、外で待ち合わせて食事をしてからその女性所有のマンションに行きました。あと4時間、事なきを得れば・・・と思いましたが、残り3時間位のところで状況が一転しました。「入浴をご一緒に」と誘われたのです。そのマンションはジャグジーのようなバスルームで5人くらいは入れるスペースがあります。ま、入るだけなら・・と渋々承諾し入浴すると、私の裸体を観察させて欲しいと乳首や下腹部を刺激してきたのです。私は大学の時に付き合っていた彼氏と別れて以来、3年以上も1人でこういった刺激に飢えていたのかもしれません。いざ愛撫されてしまうと拒否しながらも求めてしまう自分がいました。それに、元彼のとは比べ物にならないほどの仕方でした。ソフトタッチでゆっくりジワジワと・・・。あと、ただいじるだけじゃなくて、“どこをどうしているか”や、“どこがどうなっているか”を言葉でイヤラシく言うんです。もう頭が真っ白になってしまい、何度もイカされてしまいました。その後、ベッドルームに移ってから、私自身、見たことも使ったこともない“道具”で何度も何度も責め続けられました。すっかり時間のことを忘れ、会社からの着信にも気づかずに。私からの奉仕は求めません。ただ私を自分だけの所有物にしたいというのが希望のようです。それから月に1回、私はこの女性に恥体をささげる任務を8ヶ月続けました。

H体験告白。。主人の前でセックス 続4

そして、「ゆきはいつも子供のパンツはいているんですよ」と言いながら私の足を開かせました。

主人はびっくりした表情をしていました。

Aさんから普段もこの子ども用パンツを2日間ずつはくように言われ、守ってきました。

時にはホテルでのときのようにはいたままおしっこをしたり、そのまましばらくはいていることもありました。

(Aさんから電話やメールで言われたときだけで、自主的ではありません・・・)

だから、洗濯しても綺麗にはならない状態でした。もちろん主人にはばれないように気をつけていました。

「どうしてこんなに汚れているの?」と興奮した様子で主人が私に聞いてきました。

Aさんが、「ゆきは、いつもおしっこいっぱいつけたこんなパンツで会いに来るんですよ」と答えました。

「ゆきはこんなパンツが好きなんだよね」とAさんが私に問いかけてきました。

私は「はい」と答えていました。

主人に、私のこんな変態的な姿を見られるのは、とても恥ずかしく、つらかったのですが、感じてしまう部分もありました。

「このパンツは何日はいているの?」とさらに問いかけられました。

「3日間です」と答えました。主人が驚いたような反応を見せました。

Aさんの誘いかけに応えるように、主人は私に近づきパンツの匂いをかぎました。主人は自分の股間を触っているようでした。

Aさんは、主人にバスタオルと洗面器を持ってくるように言いました。

エッと思いました。取りに行っている間にAさんが私に次は何をするかわかっているよねと耳打ちしました。主人は不思議そうな感じで持ってきました。

Aさんは私に「他にもしたいことあるんだろう」と言いました。
私はなかなか言葉が出てきませんでした。

何度も問われ、「おしっこしたいです」と答えました。普通のおしっこ?とさらに問われ「おもらしです」と答えました。主人は驚いた顔をしていました。

そして、Aさんに言われるままに主人が洗面器を近づけパンツをはいたまましました。

Aさんは主人に「パンツの上から吸ってもらえますか?」と問いかけました。

主人は「はい」と答え、私のパンツを吸い出しました。主人は時々むせながら、無心に吸い付いていました。あそこを出して擦っていました。

どう見ても変態としか思えない夫婦の姿だったと思います。

その姿を、Aさんという第三者の前で見られながらしていることが、とても恥ずかしく、また普段感じられない興奮した気持ちになりました。

ベッドに移動した後のことを書きます。

Aさんは主人に「入れませんか」と声をかけ、主人はもう我慢できなかったようで、スキンをつけてすぐに入れ、あっという間にいってしまいました。

そのあと、私はAさんのをフェラして・・・
Aさんから、何と言うの?と声をかけられました。

※Aさんとの関係では、SEXやおま○○の言い方はすべて交尾、生殖器と言わされています。私自身、その方が感じてしまうので・・・

前で書いているとおり、生殖器を広げて「交尾したいです」
「ゆきの生殖器にペニスを入れてください」と言いました。

交尾の最中に、「子作りの交尾をしています」と何度も言わされました。

主人の方を見る余裕はなかったのですが、Aさんは主人に、「近くで見られませんか」と声をかけ、主人はすぐ近くに来て見ていました。

最後は「ゆきの生殖器にいっぱい精子入れてください」と言いながら(言わされながら)、Aさんは私の生殖器の中に出しました。

そのあとAさんは主人に枕を持ってこさせ、私のお尻を高くした状態のままで、しばらくの間つながったままでした。

終わってから、Aさんは主人に「ゆきの口で綺麗にしてもらうので、ご主人はゆきのま○こを綺麗に拭いてください」 と言いました。

これが2回目のことになります。

テーマ : エログ
ジャンル : アダルト

H体験告白。。主人の前でセックス 続続続編

お店を出て、「もう1カ所、ゆき用に買いたいものがあるので、つきあって」と言われたときはどこだろうと内心心配でしたが、大型スーパーということでした。

ショーツをはいてもいい、という条件で承諾しました。

「何を買うの」とたずねたら、Aさんの答えは「パンツ」でした。その時は、わざわざいいのに、とは思いましたが・・・

スーパーに行ってAさんが言っていたのは(私が思っていたショーツではなく) 本当にパンツだったことが分かりました。(生地の厚い、白無地のパンツです)

ご年配の方用にはそれにほぼ近いものがあるのですが、Aさんは子供用品コーナーから買おうと言われました。

さすがにサイズがなくて探すのに苦労しましたが、どうにか3枚購入しました。

「奥様にもこんなパンツをはかせているんですか?」とたずねたところ、Aさんの返事は「うちの奥さんは、はいたりしないよ」とのことでした。

時間がなくなったので、この日は買い物だけで終わったのですが、帰りの車の中で、次回(1週間後)はミニスカートと、このパンツをはいてきてねと言われました。

ただ、この後、パンツは今日から1週間はき続けてねと言われました。

さすがにこれは(衛生面も含めて)無理と拒否しましたが、結局、妥協案として2日間はくことを承諾しました。

この日帰宅してから初めて、主人に「次回からミニスカートはいてきてとAさんにお願いされたのだけど・・・」と主人に相談しました。

主人はいいよと言ってくれたので、内心ホッとしました。

Aさんに会う前は、必ず下着を替えて出かけていたので、正直穿きっぱなしのパンツで行くのはかなり抵抗ありました。 でも、ちょっとだけですが、期待感もありました。

出かける直前に一度きれいなショーツに着替えて、家を出てからパンツに穿き替えました。

(出かける前に、主人にスカート捲られそうな気がしたので)

Aさんと会って、ホテルに着いてから、いつものようにキスをしました。

その後、洗面台の上で足を開いてしゃがまされました。Aさんに鏡に映っているパンツを見るように言われ、どんな感じか答えさせられました。

パンツの上から触られながら、Hな質問に答えさせられました。

そして、そのままの格好でおしっこをするように言われました。「おしっこしたいです」と何度も言わされながら洗面台の上でしました。

Aさんから「ゆきは子供のパンツはいてお漏らしするなんて変態だなあ」と言われたとき、自分自身がしていることに恥ずかしい気持ちでいっぱいになりました。

その後、そのままの格好で、ベッドに移ってフェラをさせられました。

Aさんは「ゆきはなんだか発情してお漏らしした雌犬みたいだね」みたいなことを言って私を言葉で責めました。

以前、Aさんの口調は?と質問がありましたが、この頃も穏やかな口調です。

SEXの段階になり、いつものようにしていると、もっとゆきが感じるようにしてあげるねと、私の言葉を変えさせられました。

SEXをするとき、クリの部分をめくって、あそこ(正確には小陰唇)を可能な限り引っ張って広げるように言われました。

そして、この格好で「交尾したいです」「ゆきの生殖器にペニスを入れてください」と何度も言わされました。

SEXの最中には、Aさん「ゆきは今何をしているの?」 私「子作りの交尾をしています」

Aさん「どうして欲しいの?」 私「ゆきの生殖器にいっぱい精子入れてください」 と何度も言わされながら、SEXしました。

感じるためのSEXではなく、主人以外の男性との生殖活動のためだけに私のあそこがある・・そんな動物的な感じがしてこのときはあっという間にいってしまいました。

1回目から2回目までは、ちょっと間が開きました。

Aさんもご家庭のこともありますので家を空けることには慎重だったようです。

パンツの件、以前書きましたがAさんからは、「3日間はき続けておいてよ」とお願いされていて、今回だけということで承諾していました。

今回も、子供の添い寝が終わる時刻位に、 直接自宅の方に着ていただきました。

2回目という事で、自宅に来られたときにAさんも主人もかなりリラックスしていたように感じました。

私も主人も普段着でお迎えしました。

前回と同じように、一緒にお風呂に入ることになったとき、Aさんは主人に「風呂上がりにゆきにミニスカートはかせても良いですか」と言い出しました。

私はちょっと抵抗あったのですが、主人も賛同してしまったので、はくことになりました。

脱衣所ですぐにパンツをはいているかたずねられ、急に、煙草を買いに付き合ってと言われました。

Aさんは主人に断って私を連れて外に出ました。帰り道、「ここでおしっこして」と言われました。

パンツをはいたまま??とびっくりしましたが、辺りはかなり暗く、普通にいいと言われたのでちょっと安心しました。

ティッシュは持ってませんでしたが、もうすぐお風呂にはいるしと思いそこでしました。

お風呂では、前回同様(キス、体洗い、剃ってもらう)でした。

お風呂から上がり、下着を着ようとしたら、Aさんから「さっきのパンツをそのままはいてね」と言われました。

それはちょっと・・・と言いましたが、ここで口論するわけにもいかず、お漏らしが好きなことをばらそうかな・・と言われ、Aさんに従いました。

でも前回のことが頭をよぎり、かなりドキドキと不安感がありました。

ミニスカート姿に、主人はかなり喜んでいるようでした。

ソファに座り(今回はAさんの横に座っていました) 3人でおしゃべりをしていたとき、突然Aさんが

「最近ゆきは子供のようでしょう?」と言い出しました。

ドキッとしました。
主人は???という感じでした。

Aさんは、「ご主人知らないんですか??」と言いながら、私を引き寄せ、膝の上に半ば強引に私を乗せました。

そして、「ゆきはいつも子供のパンツはいているんですよ」と言いながら私の足を開かせました。(次回へ続く)

テーマ : エログ
ジャンル : アダルト

H体験告白。。主人の前でセックス続続編

この日のことはAさんにも刺激的だったようです。
(主人の機嫌を損たのではと、少し心配されてもいましたが)

私は言葉で攻められるのにとても弱いのですが(AさんはこれまでのHでそのことは知ってました) Aさんは、私にこの日のことを思い返させるような言葉をいいながらHをしてきました。

ただ、これまでと違ったこともいくつかありました。SEXをするとき、クリの部分をめくって、あそこ(正確には小陰唇)を可能な限り引っ張って広げるように言われました。

そして、この格好で「ゆきの子宮にAさんの精子を入れてください」と何度も言わされました。

SEXの最中には、
Aさん「ゆきは今何をしているの?」 私「Aさんと子作りをしています」

Aさん「どうして欲しいの?」 私「子宮の奥までAさんの精子を入れてください」

と何度も言わされながら、SEXしました。今まで以上に感じてしまいました。

帰り際に、Aさんから「次はできるだけ若い女の子がはきそうなミニスカートをはいてきてね」と言われ、承諾しました。

スカートはフレアータイプのミニを近所の衣料品店で購入しました。(レジでお金を払うとき、ちょっと恥ずかしかったですが・・・)

Aさんに会いに家を出るとき(ご近所の目もあるので)別のスカートを重ね履きして出かけました。

待ち合わせ場所でAさんの車に乗り込むと、「パンツ脱いで」と言われました。「え~っ」と思いましたが脱ぎました。

そのあと、Aさんは「今日は買い物につきあってよ」と言われました。(デートの経験はないと以前書きましたが、これもデートでしょうか??)

連れて行かれたのはアダルトショップでした。 「ゆき用にバイブを買ってあげる」と言われ、最初は断りましたが、結局一緒に入りました。

かなり広い店舗で、他にお客さんもいましたので、さすがにこの格好でバイブコーナーは恥ずかしかったです。

Aさんは「ゆきが気に入ったのを選んでいいよ」と言いながら、スカートの後ろ側を捲ってお尻を直接触りました。

周りに誰かいないか、かなり気は遣われていましたが、数人のお客さんにはお尻を見られたと思います。

「ゆきが気に入った・・」と言われてましたが、結局Aさんが決めてしまいました。

実は家にはバイブがあるのですが(主人が買ってきたもので、私が勝手に使うことはありません。念のため)

Aさんが選ばれたのは「これは絶対無理!」と思えるほどの大きなバイブでした。

その後、もう一つ買うからと言ってAさんが選ばれたのはお尻に使うビーズが何個も連なったものと、お尻用のバイブでした。 正直、ドキッとしました。 (次回へ続く)

テーマ : エログ
ジャンル : アダルト

メニュー
乱交 スワッピングの月別アーカイブ
乱交 スワッピングの逆アクセス
乱交 スワッピングの情報
  • seo
乱交 スワッピングのRSS
乱交 スワッピングのQRコード
QRコード
乱交 スワッピングしたオッパイ
乱交 スワッピングしたオッパイ
COUNT THIS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。